ここでしかお買い求めいただけない当館のオリジナルグッズを多数取り揃えております。
ホーム | マイアカウント | お問合せ | プライバシーポリシー | お支払い方法について | 配送方法・送料について | 特定商取引法に基づく表記

お知らせ

商品の在庫について
完売表示が出ている商品でも、入荷次第、販売を再開する場合がございます。 随時更新致しますので、ご確認ください。

おすすめ商品






開館15周年記念コレクション展「大正期の米沢の美術」開催中です。
2月18日(土)より、「開館15周年記念コレクション展〜米沢市上杉博物館アートコレクション〜大正期の米沢の美術」を開催しております。国内では大正12年の関東大震災による未曽有の被害があり、米沢でも大正6年、8年の大火による市民生活の混迷など、人々を取り巻く状況も様々に変化し、大正期は激動の15年間でした。本展では、当時の米沢の写真を織り交ぜながら、約8000点のアートコレクションから大正期に活躍した作家の作品を中心に展示し、当時の米沢における芸術の流れを紹介します。ぜひ足をお運びください。

開館15周年記念コレクション展「大正期の米沢の美術」
会 期:2月18日(土)〜3月26日(日)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)

◎ギャラリートークのお知らせ
企画展示室にて、担当学芸員による展示解説を行います。
(要企画展入場料、申込は不要です)
2月18日(土)(終了)、3月12日(日) 各回14:00より


スタッフのおすすめ
図録 美の系譜〜国画会にみる山形ゆかりの美術〜

大正7年、日本画科の小野竹喬、土田麦僊らが理想的な作品発表の場を求めて結成した美術団体「国画創作協会」を前身とする国画会は、絵画・彫刻・版画・工芸・写真の5部による美術団体です。米沢ゆかりの作家では洋画家の土田文雄や同郷の画家たちが大正14年の国画創作協会時代から出品を始めます。こちらの図録は「国画会」というフィルターを通して、近現代の郷土の美術の流れ、中央美術界、作家同士のつながりを一望し、山形の美術の過去と現在を見つめた内容になっております。

スタッフのおすすめ 
組み立ておもちゃ 立版古(たてばんこ) 大町編

立版古は、人物や建物・風景などの部分がぎっしりと描かれた錦絵の一種で、組み立ておもちゃです。江戸中期から大正時代の庶民の遊びとして盛んで、夜には窓辺に置いて灯りを点し屋外から見て楽しみました。子どもも大人も楽しんでいただけるものとなっておりますのでぜひ親子で作ってみてはいかがでしょうか。

最近チェックした商品

会員専用ページ

伝国の杜ファンクラブ